「MailerLite(メーラーライト)」とは?美しいメールマガジンを作ろう!

「MailerLite(メーラーライト)」とは?美しいメールマガジンを作ろう! 2019/03/26
follow us in feedly

MailerLite(メーラーライト)は、誰でも簡単にはじめられるEメールマーケティング・プラットフォームです。この記事では、MailerLiteの世界観をご説明するとともに、無料アカウントの作成手順をご紹介していきます。MailerLiteで、簡単に、美しいメールマガジンを作りましょう!

HTMLは一切不要です。MailerLiteが準備した、操作が簡単なエディタがありますので、高度なテクニックがなくとも、簡単に美しいメールが作成できます。

MailerLiteとは?

MailerLiteは、誰でもかんたんに美しいメールマガジンの作成や配信が行える、Eメールマーケティング・プラットフォームです。

専用のエディタを使うことで、HTMLがわからなくても、かんたんに美しいメールを作ることができますので、メールマーケティングをしたいと考えている人にオススメです。

メールマーケティングと聞くと、ひと昔前のものと思われるかもしれません。たしかに、インターネットの黎明期にはメールマーケティングが有効で、多くの人がメールを毎日毎時間利用していたので、プッシュ型の広告配信・宣伝タイプであるメールマーケティングは有効でした。

しかし時代が移り変わって、メールそのものが使われなくなりつつあります。メールがまったくなくなるということはないのですが、チャットやSNSに移り変わろうとしているのです。チャットやSNSのダイレクトメール機能なら、挨拶もそこそこに本題へと入ることができ、短文で済み、そして返信もクイックなので、スピード感あふれる現代の仕事にぴったりなのです。

また、SNSのDM機能やプライベートメッセージモードなら、若い人たちが慣れているというのもあります。こうして、メールは徐々に、ビジネスの現場からフェードアウトしつつあるのは事実です。

といっても、美しい装飾でパワフルな表現力を持ち、ある程度のまとまった内容を相手に伝えようと思ったら、あらためてメールを書くという人も大勢います。そもそもSNSは先方と知り合わなければならず、ソーシャルネットワーク上のつながり度も高いので、負担を感じる人もいることでしょう。

MailerLiteの優位性

そこでメールを使うことは必然です。そして、現代では一旦スマホでメールを確認し、その後で、あらためてパソコンからメールを確認するという行動パターンが多くなっています。よって、スマホ閲覧に適したHTMLメールの需要がかなり高いのです。

しかし、日本のクラウドサービスにおいて、あまりスマホに特化したHTMLメールのサービスは見受けられないが現状です。日本ではあまりHTMLが好まれないので、テンプレートも乏しいという特徴があります。

仮に日本のクラウドサービスでHTMLメールのテンプレートが豊富なサービスがあったとしても、割高なケースが多くなっています。さらには、自動配信および、マーケティングオートメーション的なシナリオメール配信機能も求めるとなると、月額10万円以上となり、なかなか、手が出づらいというのが考えられます。

そこで、MailerLiteなら、価格帯は安いものの、高機能でパワフル、さらには、マーケティングオートマーションもできます。さらには、さまざまなツールとも連携ができるので、非常にオススメなのです。

同種のサービスは?

では、他にどのようなサービスがあるのでしょうか。同種のサービスに、セールスフォースのMarketing Cloud(マーケティングクラウド)があります。メールマーケティングやクロスチャンネルキャンペーン機能を持ち、また運営会社のセールスフォースも有名です。

ROIが26%向上したと外部機関の調査で明らかになっており、AIを使用してよりスマートに、フレキシブルに、マーケティングが可能です。

toBでもtoCでも、このひとつのマーケティングクラウドで対応できるので、10通から1000万通に対応しています。

MailerLiteはこのマーケティングクラウドとの競合になりますが、マーケティングクラウドのOne To Oneメッセージ機能は、あくまでクラウドサービスのなかのひとつであり、メールに特化したものではありません。

しかしMailerLiteは、メールマーケティングの専門ツールです。
よって、メールに特化しており、専門性が高いので、よりアプローチ効果も高くなります。つまりは、セールスフォースがメールマーケティングを主軸と考えていないのに対して、MailerLiteは、あくまでマーケティングの主役として、メールを使おうと考えているのです。

SNS全盛の時代になっても、まだまだメールマーケティングが有効なビジネスは存在しますし、また、あまり知られていないことではありますが、メールマーケティングは、タイトルをプロのコピーライターとともに考案し、そしてHTMLで美しい装飾をほどこせば、クリック率が意外と高いものなのです。

いまや多くの人が、PRメールを迷惑メールボックスに直行させますが、タイトルを工夫すれば、それを再び受信ボックスに戻して、クリックして熟読してもらい、さらには行動してもらうことができるのです。

そのクリック率に関しては、コピーライティングの力でなんとかなる側面がありますから、ぜひコピーの養成講座に通うなどして、文章力を高めてください!そして、メールマーケティングの機能に関しては、このMailerLiteがオススメだと思います。

あとは、言葉の壁ですよね。英語サイトしかないMailerLiteのために、アカウントの開設手順を準備しましたので、ぜひご覧になってください。また、グローバルクラウドなら、MailerLite利用のお手伝いをすることができます。

MailerLiteの機能

MailerLiteでは次の機能が利用できます。

● ドラッグ&ドロップ Eメールビルダー
● Eメールの自動配信
● ランディングページ作成
● ポップアップ(Webサイトに表示する形のもの)の作成

この他、外部のWebサービスやCMSと連携可能になっており、顧客の情報を有効に活用できるよう配慮されています。

無料アカウントでできること

MailerLiteは無料アカウントと有料アカウントに分かれています。
無料アカウント(永久無料)では、次のことができます。

● すべての機能へのアクセス(自動化、ランディングページを含む)
● 1000以下の定期購読者
● 無制限のEメール
● ライブチャットとEメールによる、24時間7営業日サポート
● いつでも有料版にアップグレード可能

MailerLite のアカウント作成手順

MilaerLiteのアカウントの作成手順を説明します。最初は無料アカウントを作成することになります。

アカウント作成の流れは、次の4段階です。

① アカウントの作成をする(ダッシュボードにログインするまで)
② プロフィールを完成させる
③ Webサイトドメインを認証する
④ E-mailによる確認を行う

①を終えるとダッシュボードにログインできるようになりますが、実際にEメールマーケティングを行うには、②〜④の手続きを進めてアカウントを有効化する必要があります。

アカウントの作成をする

① MailerLiteの公式サイトを開きます。ページ中程にある「sign up free」を押します。

② 無料アカウントの作成画面が開きます。次の情報を入力します。

入力項目は、上から順に次の通りです。

● 会社名または団体名
● Eメールアドレス
● パスワード(小文字/大文字/数字を1つ以上含むこと、8文字以上)

すべて入力したら、「Create my account」ボタンを押します。

③ ダッシュボード画面が表示されます。画面中程にある2つのリンクから、引き続き手続きを進めていきます。

プロフィールを完成させる

① ダッシュボードから「Complete your profile」のリンクを押し、次の項目を入力します。(画面が縦に長いので、3分割で説明します)

[プロフィール入力画面(1/3)]

入力項目は、上から順に次の通りです。

● 名前(名、姓)
● 会社名/団体名
● 住所(都道府県以下)
● 都市(都道府県)、国
● タイムゾーン

[プロフィール入力画面(2/3)]

● あなたが所属する分野(仕事の産業分野を選択)
● 会社(団体)の従業員数
● 会社(団体)の設立からの年数
● 購読者の数
● どのように購読者を集めていますか?(サイトの審査に関わる重要な部分なので、詳しく書いてください。あなたがどのように購読者を集め、購読者はあなたからメールを受け取ることをどのように承諾するのかを説明してください。外部にWebフォームや情報交換の場所を持っている場合はリンクを記載)
● あなたはEメールにどのようなコンテンツを載せることを計画していますか?
● 以前に、他のEメールマーケティングを使ったことがありますか?
● どのようにMailerLiteを知りましたか?

[プロフィール入力画面(3/3)]

次の項目にチェックを入れます。

□ MailerLiteのアンチスパムポリシーを読んで同意します。
□ MailerLiteのニュースレターの購読、EメールTipsや週に一度のニュースを受け取ります。購読は、いつでも解除できます。

すべて入力したら、「Save」ボタンを押します。

これで、プロフィールの入力は完了です。

Webサイトドメインを認証する

① ダッシュボードから「Verify your website domain」のリンクを押し、次の項目を入力します。

● あなたのWebsite URL(Eメールマーケティングに関連するサイト)

入力後、「Next」を押します。

② ドメインの管理者を確認する画面に移ります。次の項目を入力します。

● Eメールアドレス(前ページで入力したドメインのもの)

Webサイトのドメインを管理する権限を持っているか確かめるために、前のページで入力したドメインのEメールアドレスが必要になります。(このメールアドレス宛に確認メールが送られます)

入力したら「NEXT」を押します。

これでWebサイトドメインの認証は終了です。

メールによる確認を行う

「Webサイトドメインの認証」を終えると、ダッシュボードの画面に次のようなメッセージ(確認メールを送ったので、クリックしてください)が表示されます。

もしメールが届いていない場合には、「Click to resend」のリンクを押すと再送できます。

① メールを確認し、「CONFIRM MY EMAIL ADDRESS」のボタンを押します。

② ブラウザでMailerLiteのログイン画面が開きます。メールアドレスとパスワードを入力し、ログインしてください。

③ ログイン後、次の画面が表示されれば、すべてのアカウント作成手続きは完了です。

MailerLiteでEメールを作ろう!

MailerLiteは、無料でEメールマーケティングがはじめられるプラットフォームです。HTMLなどの知識がなくても、かんたんに美しいEメールが作成・配信できます。

無料版でもすべての機能にアクセスできるので、Eメールマーケティングに興味のある人は、アカウントを作成してみてはいかがでしょうか。

クラレボでは、MailerLiteの使い方をさらに詳しく、日本語でサポートしています。Eメールマーケティングを世界に広げたい方、英語でメールマーケティングしたい方、顧客リーチの規模をグローバルに展開したい方。そんな方にオススメです。

クラレボの会員登録は無料です。登録していただけると、MailerLiteの提供資料を無料でダウンロードすることができます。また、会員限定のお得なキャンペーン情報なども配信していますので、この機会にぜひ、クラレボをご検討ください。

MailerLiteは、世界に先駆けて、メールマーケティングを行いたいあなたにぴったりのサービスです。クラレボでは、マーケティングのプロフェッショナルになりたいあなたに、最新の情報を配信していまいりますので、会員登録をぜひどうぞ。

  • 最先端のEメールマーケティングを実現する

    mailer lite(メイラーライト)


    豊富なテンプレートによって誰でも簡単に最先端のEメールマーケティングを実現できる総合Eメールプラットフォーム
    mailer lite(メーラーライト)は最新のEmailマーケティングに必要な機能をご提供いたします。シンプルさと使いやすさを重視した全てのビジネス向けソリューションです。あなたのビジネスの変化に柔軟に対応することができる最先端の機能を保持しております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    サービス紹介

  • 自動化を使用して購読者を行動別に分類する方法

    電子メールの自動化とセグメンテーション – 2019年の電子メールの傾向の予測で、これら2つは天国 […]

    コメントなし

    サロンのための 賢いマーケティングのヒント10個

    他のすべてのサロンとの違いは何ですか?あなたはそれがサービスの面で必要なものを持っているかもしれませんが、どの […]

    コメントなし

    あなたのカスタマーエクスペリエンスを向上させるように設計された新しいプロモーションポップアップ

    プロモーションと呼ばれる新しいポップアップ機能をご紹介します。なぜプロモーションポップアップを使用するのですか […]

    コメントなし

    100個以上のEメールニュースレターコンテンツのアイデア

    あなたが常にあなたの読者を引き付けるとき、Eメールマーケティングは最もよく働きます。しかし、どのようにして週刊 […]

    コメントなし

    SimplyBook.meで作った予約ページの例 3つ

    あなたがたった今サインアップしたか、あなた自身の予約ページを持っていたかどうか、時々、あなたは新鮮なインスピレ […]

    コメントなし
  • 年末年始休暇のご案内 2018/12/14
    follow us in feedly
     

    誠に勝手ながら弊社では、12月28日(金)~1月4日(金)までを年末年始の休業期間とさせていただきます。皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

    タグ:

    お盆休みのご案内 2018/08/01
    follow us in feedly
     

    誠に勝手ながら弊社では、8月13日(月)~8月16日(木)までを夏期休業期間とさせていただきます。皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

    タグ: